2016年07月14日

【オンライン法務部メールマガジン】2016年7月号/第47号/[登記申請書に「株主リスト」の添付が必要となる場合]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
技術系・ITベンチャーの実務に役立つ法律・知的財産情報
2016年7月号 第47号 [登記申請書に「株主リスト」の添付が必要となる場合]

発行 オンライン法務部 http://www.motoffice.jp/olld.index
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1] ご挨拶
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

蒸し暑いですね・・・。今号は、松田敏明司法書士からです。
また、7/23、Fintech研究会「日本酒とクラウドファンディング」のご案内がございます。

ちなみに・・・。先日、合資会社の株式会社への組織変更登記手続というご依頼をいただきました。
たぶん、一生に一回の登記手続でしょう(笑

編集/茂木


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[2] 登記申請書に「株主リスト」の添付が必要となる場合
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1.総論
 商業登記規則等の一部を改正する省令が4月20日に公布され、今年の10
月1日から施行されることとなりました。これに伴い商業・法人登記事務の
取扱いが変更されますが、登記手続において影響が大きい部分でありますので、
変更点についてまとめてみたいと思います。

2.変更点
(1)登記すべき事項について株主又は種類株主全員の同意が必要となる場合
@ 登記すべき事項について株主全員の同意が必要となる場合には、登記の
 申請書に、株主全員について次の(@)から(B)までの事項を証する書面
 を添付しなければならないことになります。
(@)氏名又は名称及び住所
(A)各株主が有する株式の数(種類株式発行会社では、株式の種類及び種類
   ごとの数を含む)
(B)議決権の数

A 登記すべき事項について種類株主全員の同意が必要となる場合には、登記
 の申請書に、その種類株主全員について次の(@)から(B)までの事項を
 証する書面を添付しなければならないことになります。
(@)氏名又は名称及び住所
(A)その種類株主が有するその種類の株式の数
(B)その種類の株式に係る議決権の数

(2)登記すべき事項について株主総会又は種類株主総会の決議が必要となる場合
@ 登記すべき事項について株主総会の決議が必要となる場合には、登記の
 申請書に、その決議で行使できる議決権総数のうち保有割合が高い上位の
 株主で、(a)10名又は(b)議決権の保有割合の多い順に足して、議決権
 総数の3分の2になるまでの人数のうちの少ない方の人数の株主について、
 次の(@)から(B)までの事項を証する書面を添付しなければならない
 ことになります。
(@)氏名又は名称及び住所
(A)その株主が有する株式の数(種類株式発行会社では、株式の種類及び
   種類ごとの数を含む)及び議決権の数
(B)その株主が有する議決権の数の割合
  なお、この書面には、株主総会に出席した株主だけではなく、その株主
 総会で、該当する決議について議決権を行使することができた株主すべての
 中から対象となる株主が記載されている必要があります(自己株式等の議決
 権のない株式についての株主を除く)。

A 登記すべき事項について種類株主総会の決議が必要となる場合には、登記
 の申請書に、その種類の株主の議決権総数のうち保有割合が高い上位の株主
 で、(a)10名又は(b)議決権の保有割合の多い順に足して、議決権総数
 の3分の2になるまでの人数のうちの少ない方の人数の株主について、次の
 (@)から(B)までの事項を証する書面を添付しなければならないことに
 なります。
(@)氏名又は名称及び住所
(A)その種類株主が有するその種類の株式の数及び議決権の数
(B)その種類の株主が有する議決権の数の割合
  なお、この書面には、種類株主総会に出席した株主だけではなく、その
 種類株主総会で、該当する決議について議決権を行使することができた株主
 すべての中から対象となる株主が記載されている必要があります(自己株式
 等の議決権のない株式についての株主を除く)。

B 株主総会又は種類株主総会の決議についてその決議があったものとみなさ
 れる、いわゆる書面決議による場合にも、@又はAの書面を添付しなければ
 ならないことになります。

C 上記@及びA(a)の「10名」については、保有議決権数が10位の
 株主が複数いるような場合には、11名以上の株主を記載することがあり
 得たり、@及びA(b)の「議決権の保有割合の多い順に足して、議決権
 総数の3分の2になるまでの人数」についても、同順位の株主が複数いる
 ような場合には、その一部の株主の議決権を合計して3分の2に達したと
 しても、同順位の株主の全員を記載することになりそうです。

(3)具体例
 今後、実務的にはこれらの書面を「株主リスト」と表現して運用されていき
そうですが、具体的には、それぞれのケースで証明が必要となる事項を記載し、
代表取締役が登記所に提出している印鑑(会社代表印)を押印したものが該当
することになりそうです。

 株式会社は、@氏名又は名称及び住所、A各株主の有する株式数(種類株式
発行会社では、株式の種類及び種類ごとの数)などを記載した株主名簿を作成
する必要がありますので、株主名簿の情報をピックアップした書面に会社代表
印を押印して、「株主リスト」とする形になるでしょうか。

 なお、法務省の見解としては、有価証券報告書の「主要株主の状況」欄等の
記載内容が「株主リスト」に記載すべき事項と大部分で重なっているため、
有価証券報告書を利用した「株主リスト」の記載例や、法人税申告書の「同族
会社等の判定に関する明細書」の記載内容は「株主リスト」の記載すべき事項
とすべてが一致するものではないものの、株主数が少ない株式会社では「株主
リスト」に記載すべき事項と大部分で重なるものと考えられるため、同族会社
等の判定に関する明細書を利用した「株主リスト」の記載例をホームページに
掲載することを検討しているようですので、実際にはそれらの記載例が参考に
なりそうです。

執筆: 司法書士 松田敏明


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[3] 【Fintech研究会】 7/23「日本酒とクラウドファンディング 〜ネットによる資金調達とファン獲得〜」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて・・・。7/23、フィンテック研究会は、
「日本酒とクラウドファンディング 〜ネットによる資金調達とファン獲得〜」をテーマに開催します!
今回は、クラウドファンディングのプラットフォーム「green funding」にて、
日本酒とその文化のクラウドファンディングを展開されている
「MIRAI SHUFUND」の山本祐也さんにご発表をいただきます。
https://greenfunding.jp/sake

@日本酒及び周辺カルチャーのムーブメント、
A日本酒とクラウドファンディングの親和性、
そして、Bクラウドファンディングによる資金調達とファン獲得、
という感じの内容です。
美味しいお酒もいただく予定です(笑
ぜひ、ご参加申込みをお待ちしております!


20160723フィンテック研究会第7回(士業ビジネス研究会)
テーマ 日本酒とクラウドファンディング 〜ネットによる資金調達とファン獲得〜
発表者 山本祐也さん(ミライシュハン株式会社代表取締役)
日 時 2016年7月23日(土曜日) 
     16時45分開場、17時00分開始、18時50分終了
会 場 東京/竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア 5階 会議室503
     地図→ http://www.yamori.jp/access/?id=10
参加費 2,000円
参加申込
    担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
    下記の内容を送信してください。

    7/23フィン研に参加します。
    お名前:
    所属:
    連絡先(メルアド):
    懇親会の出欠: 出席/欠席

    または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
    「勉強会名」を「7/23フィン研」としてください。
    (SSL暗号化対応)
    https://form.os7.biz/f/4da7401d/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。



【編集発行】オンライン法務部

オンライン法務部とは http://www.motoffice.jp/olld.index
専門家集団のご紹介 http://www.motoffice.jp/olld.profile.html



posted by olld at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする