2016年11月19日

【オンライン法務部メールマガジン】2016年11月号/第51号/[事業承継をする上で重要な株式移転]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
技術系・ITベンチャーの実務に役立つ法律・知的財産情報
2016年11月号 第51号 [事業承継をする上で重要な株式移転]

発行 オンライン法務部 http://www.motoffice.jp/olld.index
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1] ご挨拶
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年の秋、まだまだ暖かいですね・・・。今月号は、阿部尚武税理士からです。

編集/茂木


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[2] 事業承継をする上で重要な株式移転
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて今回は、事業承継をする上で重要な、株式移転の概要をお話させていただきます。


事業承継は、後継者が先代の経営者から事業を引き継ぎ、引き続き事業を
発展継続させていくことです。事業承継には今後の方針の決定や後継者の育成など、
どれも時間がかかる問題が多いといわれています。事業承継については多くの事項を
検討し、十分な時間をかけて、慎重にかつ有効に進めていく必要があります。

その検討事項の中で、【所有の承継】という問題があります。所有の承継とは、
事業承継予定者に対して、その事業を含む企業、つまり株式の移転を円満に、
かつコスト(納税)を抑えて移転するかどうかが問題となります。ここでは事業承継のうち、
特に所有の承継〜株式の移転についてご紹介します。

まず、株式の移転を検討する際には、後継者が親族であるか否かで取られる手法が
変わります。中小企業庁の調査によると、20年前は後継者の65%が親族であった
のに対し現在は40%強程度となっています。逆に親族外の後継者は同35%であった


のが、現在では50%以上となっており、親族外の事業承継はもはや例外ではないこと


を示しています。

また親族と親族外とでは、株式移転の方法も異なってきます。親族に承継させる場合、


コストはなるべくかからない方法を選びますので、買収資金が必要ない相続・贈与の
方法を検討します。よって節税対策及び納税資金の準備が重要になります。

他方、親族外への承継は買収資金が重要です。企業が買収する場合は別として、
例えば従業員へ譲受する場合などは、いかに買収資金を用意するかが鍵となります。
また買収資金は高額である場合が多いので、節税対策も重要な要素となります。

※後継者別に見る株式移転方法
1.親族の場合
@ 相続
A 贈与
B 後継者による譲り受け
C 買収(M&A)

2.親族外の場合
@ 贈与
A 後継者による譲り受け
B 買収(M&A)

なお、譲受とM&Aの違いは、対価を支払う点は同じですが、承継後の経営者を
先代が指名する点が異なります。買収の場合は、事業を買収する企業が経営者を
指名します。ですので、事業譲渡後の先代の関与が薄くなる、もしくは無くなることが


特徴です。また婿養子や養子縁組など、第三者であっても親族的な事業承継の手法
もよくみられます。

株式移転方法の特徴について、後継者が親族である場合と親族外である場合を
比較しながら見てみましょう。

※後継者別に見る株式移転方法
1. 相続
親族向け、親族外はできません。養子縁組をすれば親族外でも可能。非後継者との
調整が課題です。

2. 贈与
親族、親族外でも可能。高額の納税資金が必要。また税制適格であれば親族外でも
納税猶予の適用可能です。

3. 譲受
親族、親族外でも可能。譲渡価額が高額の場合は資金調達を同時に考える必要が
あり、譲受資金の確保が課題となります。

4. 買収
親族、親族外でも可能。先代の威光が届きにくくなることが特徴です。また買収は
第三者が多く絡んでくるため時間がかかる場合があり、一定以上の売却価額でないと
買収そのものが進まない場合があります。
親族でも可能な手法ですが、その場合敵対的もしくは救済的な買収になることが
多いようです。

また、どの方法によっても課税の問題は必ず発生することも忘れてはいけないポイントです。
相続・贈与の場合は後継者に課税が発生しますが、事業譲受・買収は先代に課税が発生します。

相続・贈与に関しては課税の問題もありますが、相続そのものにも問題が生じます。
それは、後継者と非後継者との間の相続分の問題です。特に遺留分の問題については、


民法の特例としての法制度や金庫株等の制度が整備されていますので、これらの制度と


合わせて検討を進めていきます。

他方事業譲受及び買収は、原則として第三者と金銭にて解決を図りますので、親族間の


トラブルは回避できます。また、課税関係は原則として先代に生じますが、株式の譲渡


だけでなく退職金制度や取締役等に残り、会長職として給与を得る方法などと合わせて、


税負担の問題と買収価額の資金調達の問題を解決していきます。


執筆: 阿部尚武税理士事務所 代表 阿部尚武
http://www.abekaikei.com/


【編集発行】オンライン法務部

オンライン法務部とは http://www.motoffice.jp/olld.index
専門家集団のご紹介 http://www.motoffice.jp/olld.profile.html
posted by olld at 06:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする