2017年01月22日

【オンライン法務部メールマガジン】2017年1月号/第53号/[登記手続における外国人の関連事項について]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
技術系・ITベンチャーの実務に役立つ法律・知的財産情報
2017年1月号 第53号 [登記手続における外国人の関連事項について]

発行 オンライン法務部 http://www.motoffice.jp/olld.index
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[1] ご挨拶
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

寒波続きますね・・・。今月号は、松田敏明司法書士からです。

また、2/22水、19時~、竹橋開催の
医療ビジネス研究会「新宿駅前クリニックのプロモーション戦略」
のご案内がございます。

編集/茂木


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[2] 登記手続における外国人の関連事項について
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1.総論
 技術系・ITベンチャー企業においては、海外から出資を受けたり、それに伴い
外国人が会社の経営に関わってくる機会もあるかと思います。そのようなケースを踏まえ、
登記実務の中での取扱いや、直近の改正点などをまとめてみます。

2.代表取締役の全員が日本に住所がない場合の登記申請について
 株式会社の登記の申請は、原則として会社の代表者がするものとされており、
通常は代表取締役が行うことになります。そして、代表取締役のうち少なくとも1名は
日本に住所がなければ、登記が受理されないという取扱いがされてきましたが、
その取扱いが変更され、代表取締役全員が日本に住所がない会社も認められる
ようになりました。
 形式的には外国在住の外国人が代表取締役となって日本国内で株式会社を
設立することができるようになり、また、海外から出資を受けた株式会社が、
その外国人又は外国法人の代表者を唯一の代表取締役とすることも可能になった
ということです。

3.出資に際しての払込みについて
 発起設立により株式会社を設立する場合、発起人は原則として出資金の全額を
発起人が定めた払込取扱機関に払込みをすることになっています。その払込取扱機関
には,(1)銀行(銀行法に規定される一般的な国内銀行)、(2)信託会社、
(3)商工組合中央金庫、(4)農業協同組合・漁業協同組合・水産加工業協同組合、
(5)信用金庫、(6)労働金庫、(7)農林中央金庫などが当てはまりますが、銀行業の
免許を受けた外国銀行の日本にある支店のほか、(1)の銀行が内閣総理大臣の
認可を受けて設置した外国にある支店も含まれます。
 また、増資(募集株式発行)において、外貨建てで払込金額を定め、国内銀行の
外貨建て口座もしくは外国銀行の日本にある支店の外貨建て口座に出資金の払込みを
受けることも可能で、その場合には、払込期日として定められた日の為替相場を基に
円換算して増資後の資本金が決まってきます。

4.登記申請をする外国人の署名(サイン)証明書について
 登記の申請書に押印すべき者は、あらかじめ印鑑(会社代表印)を登記所に提出
する必要があり、その場合、所定の印鑑届書で印鑑の登録(届出)を行います。
その印鑑届書に押印した印鑑(個人の実印)についての印鑑証明書を添付するのが
原則であるところ、外国人(日本に国籍がない者)については、印鑑を持たないことも
あるため、印鑑届書に署名をして、その署名についての署名証明書で代用することが
認められています。そして、その署名証明書は、その外国人の本国官憲(日本における
領事その他権限がある官憲を含む)の作成したもののほか、その外国人が居住する国等
に所在するその外国人の本国官憲が作成したものでもよいことになりました。なお、
外国人は印鑑登録の義務はなく、印鑑登録をしていない外国人が登記の申請をす
る場合には、登記の申請書又は委任状の署名についての署名証明書を添付する
取扱いになっています。
 また、外国人の本国の法制上の理由等の真にやむを得ない事情によって署名証明書
を取得することができないときは、署名証明書を取得することができない旨の上申書及び
日本の公証人又はその外国人が居住している国の官憲の作成した署名証明書で代用
することも可能とされています。

執筆: 司法書士 松田敏明


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[3] 2/22、医療ビジネス研究会「新宿駅前クリニックのプロモーション戦略」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて・・・。年間10万人の外来実績のある新宿駅前クリニック院長の蓮池林太郎さんから、
http://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/
インターネットマーケティングの徹底による集患についてご発表をいただきます。
クリニック以外のビジネスにおいても、スマホ時代のプロモーション戦略が見えてきます。
ご発表の後、質疑応答、意見交換のお時間がございます。

20170222医療ビジネス研究会
テーマ 「新宿駅前クリニックのプロモーション戦略 ~インターネットマーケティングによる集患~」
発表者 蓮池林太郎さん(医療法人社団SEC 新宿駅前クリニック 院長)
日時 2月22日(水曜日) 18:45受付開始 19:00研究会開始 21:00終了
会場 竹橋「ちよだプラットフォームスクウェア」 地下1階 ミーティングルーム003、004
    地図→ http://www.yamori.jp/access/?id=10
会費 2,000円

参加申込
担当(茂木)のメルアド info@… まで、
下記の内容を送信してください。

2/22医療ビジネス研に参加します。
お名前:
所属:
連絡先(メルアド):
懇親会の出欠: 出席/欠席

または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「2/22医療ビジネス研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。




【編集発行】オンライン法務部

オンライン法務部とは http://www.motoffice.jp/olld.index
専門家集団のご紹介 http://www.motoffice.jp/olld.profile.html


posted by olld at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする