2017年05月20日

【オンライン法務部メールマガジン】2017年5月号/第57号/[法人成りをする社長の給与はいくらが適正か?〜前提を知る〜]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
技術系・ITベンチャーの実務に役立つ法律・知的財産情報
2017年5月号 第57号 [法人成りをする社長の給与はいくらが適正か?〜前提を知る〜]

発行 オンライン法務部 http://www.motoffice.jp/olld.index
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[1] ご挨拶
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初夏なんでしょうが涼しいですね・・・。今月号は、阿部尚武税理士からです。

また、6/12月、19時00分〜、銀座開催の
アジア・ビジネス・ミーティング
「ベトナムの医療環境 ~医療機関、医療機器、医療人材におけるビジネス進出可能性は?~」
のご案内がございます。
東南アジアへのビジネス進出支援をサポートしている、
株式会社アジア戦略アドバイザリーの杉田浩一さん
http://j-asa.net/
にご発表をいただきます。

編集/茂木


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[2] 法人成りをする社長の給与はいくらが適正か?〜前提を知る〜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

確定申告が3月に終わり、個人事業を法人成りした方、もしくは法人成りを検討している方も
いらっしゃるかもしれません。法人成りとは、特に決まった定義はありませんが、
一般的には【法人を設立し、個人事業をその法人に承継させる】ことをいいます。
その際によく聞かれることがあります。それは【社長の給与はいくらにすればいいか?】という質問です。

そこで、いくつか考え方があると思うのですが、役員報酬を検討する際にその前提を
検討しなければなりません。今回はその前提条件を十分理解しましょう。

※前提を知る
役員報酬を検討する前に、理解しておく事項があります。ここはかなり重要です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
? 社会保険の強制加入は覚悟しなければならない
? 借入金返済は法人利益からしか返済できない
? 上記2つの事実から基本金額の補正をする
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここで基本金額とは、役員報酬の金額を算出するうえで基本となる金額をいいます。
そしてこの基本金額を基に役員報酬を決定します。

【基本金額=法人成りの前年の事業所得+青色申告特別控除+青色専従者給与】

要するに、前年における実質的な利益を指します。社長はこの金額ぐらい稼いでいたということです。

? 社会保険の強制加入は覚悟しなければならない
法人成りの際に重要な論点がもう一つあります。それは社会保険の強制加入です。
おそらくこれが法人成りの最大のデメリットです。単純に経費が増えます。
今後は役員報酬を含む給与には、+15%の別の出費がかかる事を忘れないでください。

基本金額はこの補正が必要になります。

【社会保険の補正:基本金額=補正前の基本金額÷(1+15%)】
(なお15%は、平成29年度の社会保険料の会社負担額です。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※例1
事業所得 500万円・減価償却費 100万円
専従者給与 150万円・青色申告特別控除65万円の場合
基本所得 (500+65+150)÷1.15=621万円
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この補正は絶対に必要になります。ですので、法人成りをした場合には、
現状の粗利益率を見直す必要が必須といえます。

? 借入金返済は法人利益からしか返済できない
借入金がある状態で法人成りをした方は、返済の資金を確保しなければなりません。
そこでまず重要な事実を一つ。借入金は利益からしか返せません。
例外はありません。極めて重要な事実です。本当に忘れないでください。

そして、ざっくりで良いので借入金の年間返済額の合計を計算してみてください。
その金額と減価償却費の金額を比較して、その結果を基に基本金額の補正をします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
年間返済額=<減価償却費 ・・・ 補正は不要
年間返済額 >減価償却費 ・・・ 補正が必要
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
補正後の基本金額は以下の通りです。

【借入金返済の補正:基本金額=(修正前基本金額?(年間返済額?減価償却))÷(1-25%)】
(なお25%は平成29年度の場合の法人税の税率です。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※例1
事業所得 500万円・減価償却費 100万円
専従者給与 150万円・青色申告特別控除65万円
年間返済額 90万円の場合
基本所得 (500+65+150)÷1.15=621万円
(年間返済額90万円=<減価償却費100万円のため補正が不要)

※例2
例1の場合で年間返済額が175万円の場合
基本所得 (500+65+150)÷1.15-100※=521万円
※補正 (175-100)÷(1-0.25)=100万円・・・返済の為にあと100万円の利益が必要。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もう一度、言います。借入金は利益からしか返済できません。

いかがでしょうか。法人成りにメリットがあるかどうか、税金の立場だけで考えると
どうしても社会保険を考えざるを得ません。また借入金の返済も資金繰りを検討する
うえでは極めて重要です。この2つは絶対に無視できない要素ですので、
しっかり押さえておきましょう。

執筆: 阿部尚武税理士事務所 代表 阿部尚武
http://www.abekaikei.com/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[3] アジア・ビジネス・ミーティング
   「ベトナムの医療環境 ~医療機関、医療機器、医療人材におけるビジネス進出可能性は?~」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて・・・。6/12、アジア・ビジネス・ミーティングを開催します。
東南アジアへのビジネス進出支援をサポートしている、
株式会社アジア戦略アドバイザリーの杉田浩一さん
http://j-asa.net/
にご発表をいただきます。ビジネス進出の先行事例などもお話しいただけそうです。
ご発表の後に、質疑応答、意見交換のお時間もございます。
ご参加申込みをお待ちしています!

20170612戦略経営研究会/アジア・ビジネス・ミーティング
テーマ ベトナムの医療環境 ~医療機関、医療機器、医療人材におけるビジネス進出可能性は?~
発表者 杉田浩一さん(株式会社アジア戦略アドバイザリー 代表取締役)
日 時 2017年6月12日(月曜日) 18時50分開場、19時00分開始、20時50分終了
場 所 銀座「ルノアールマイスペース銀座マロニエ通り」 6号室
     地図→ http://goo.gl/3XozoC
参加費 2,500円(ソフトドリンクが付きます)

参加申込
担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
下記の内容を送信してください。

6/12ABMに参加します。
お名前:
所属:
連絡先(メルアド):
懇親会の出欠: 出席/欠席

または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「6/12ABM」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。



【編集発行】オンライン法務部

オンライン法務部とは http://www.motoffice.jp/olld.index
専門家集団のご紹介 http://www.motoffice.jp/olld.profile.html

posted by olld at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: