2017年09月21日

【オンライン法務部メールマガジン】2017年9月号/第61号/[「能力不足の解雇」の考え方]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
技術系・ITベンチャーの実務に役立つ法律・知的財産情報
2017年9月号 第61号 [「能力不足の解雇」の考え方]

発行 オンライン法務部 http://www.motoffice.jp/olld.index
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1] ご挨拶
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

秋になりましたね・・・。今月号は、山本喜一社会保険労務士からです。

そういえば・・・。前回お伝えした「民泊新法」の施行は来年6月になりそうとのことです。

と・・・。10/11、19:00〜、銀座にて、「シンギュラリティ研究会」開催
のご案内もございます!

編集/茂木


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[2] 「能力不足の解雇」の考え方
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この人はいいと思って採用したけれど、失敗した!と思ったとき、どうしたらいいのでしょうか。

新卒採用と中途採用で対応は変わってきますが、いずれの場合でも本人が望んでいない場合、
「辞めてもらう」ことは非常に難しいということを覚えておいてください。

話し合いの中で、本人が納得をして「私は向いていないので辞めます」と
自分から言ってくれれば問題はありません。

しかし、本人が「がんばります」というときに解雇事由に「能力不足」という項目があっても
それで実際に解雇を行うことはとても難しいです。

新卒採用の場合:
新卒の方は、職業経験がないのが通常ですので、単に仕事ができないことで
能力不足ということをいうことはできません。

基本的な考えとして、
@教育を行う
A適性のある部署を探す
というようなことが必要になります。

教育をして、仕事をやらせて、指導をして、それでだめなら
またできない部分の教育をしてを繰り返してようやく「能力がない」と言えることになります。

後日、最終的に解雇をしようとする際には、どんな教育や指導をいつしたかということや
面談の記録を残しておくことがとても重要になります。

適性のある部署を探すことについては、その業務で適性がないとなれば、
別の部署への異動を検討することになります。

異動先でも他の人と比べて著しく業務ができないようなら、
教育を行って、それでもだめなら、また他の部署への異動を検討します。

部署異動がどれだけできるかは会社の規模などによることになります。
その上で、その人にできる仕事がなければ、能力不足の解雇を検討するということになります。

中途採用の場合:
中途採用の方は、即戦力を期待していることが多いと思います。
特に高い給料を払う場合、その給料に合った仕事をしてもらわないと困りますよね。

その際に「能力不足」ということを言うためには、
「その給料に合った仕事」とは何かが明確になっているかがポイントになります。
高い給料を払う理由を雇用契約の際に書面で約束しておくことが重要です。

例えば、「○○について、6ヵ月で○○程度の実績をつくる」
など具体的なことが記載されていれば、「その給料に合った仕事」をしていないので、


給料の金額を下げる話をしやすくなります。

また、いざ解雇をしなければいけないということになった際には会社として
強力な武器となります。逆にこのようなものがない場合は、対応が難しくなります。
最初に言っていたことをお互いで確認し、その上で目標値を設定し、
ある程度の時間的猶予を与えてその目標を達成できるかで判断するということが
1つの方法として考えられます。

人不足ですぐにでも誰か欲しいということはあると思います。
ただ焦って採用をしてしまうとイメージと違ってしまって困ることもありますので
仕事の実力をしっかり聞いたり、適性検査などを実施して
慎重に選考を行うようにしたいですね。

執筆: 社会保険労務士法人日本人事 代表社員 山本喜一
http://www.sr-jhr.com/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[3] 10/11、19:00〜、銀座にて、シンギュラリティ研究会を開催します!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて・・・。10/11、「シンギュラリティ」研究会を開催します!
「エクスポネンシャル」、「6つの「D」」、「限界費用ゼロ社会」など気になるキーワードが新しく出てきています。
また、「法制度とシンギュラリティ」も気になるところです。
このあたり、
中山達樹さん(シンギュラリティ大学エグゼクティブ・プログラム修了生/弁護士、中山国際法律事務所代表)
http://www.nkymlaw.jp/
にご発表をいただきます!
ご発表の後に、質疑応答、意見交換のお時間もございます。
ご参加お申込みをお待ちしています!

20171011シンギュラリティ研究会
テーマ シンギュラリティの与えるインパクトとは? 〜人間の知性を科学技術の進化の速度が超える時〜
発表者 中山達樹さん(シンギュラリティ大学エグゼクティブ・プログラム修了生/弁護士、中山国際法律事務所代表)
日 時 2017年10月11日(水曜日) 18:55受付開始 19:00研究会開始 21:00終了
会 場 銀座3丁目「銀座ルノアール マイスペース 銀座マロニエ通り店」
会 費 2500円(ソフトドリンク付き)

参加申込
担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
下記の内容を送信してください。

10/11シンギュラ研に参加します。
お名前:
所属:
連絡先(メルアド):
懇親会の出欠: 出席/欠席

または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「10/11シンギュラ研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。



【編集発行】オンライン法務部

オンライン法務部とは http://www.motoffice.jp/olld.index
専門家集団のご紹介 http://www.motoffice.jp/olld.profile.html


posted by olld at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: