2018年07月19日

【オンライン法務部メールマガジン】2018年7月号/第71号/[合同会社設立の増加と法務局審査の迅速化]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
技術系・ITベンチャーの実務に役立つ法律・知的財産情報
2018年7月号 第71号 [合同会社設立の増加と法務局審査の迅速化]

発行 オンライン法務部 http://www.motoffice.jp/olld.index
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1] ご挨拶
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

猛暑ですね・・・。
今月号は、茂木正光司法書士からです。

と・・・。8/4戦略経営研究会のご案内です。
「インドでスイーツショップを始める 〜インドで起業して学んだ独特の市場や税制、文化〜」です!

編集/茂木


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[2] 合同会社設立の増加と法務局審査の迅速化
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1. 最近の起業の動向
7/1の日経新聞にて、「「合同会社」起業しやすく 新設企業の4社に1社 設立手続き簡易
意思決定を速く」という記事がありました。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO32468380Q8A630C1EA4000/
この記事によると、「2017年に新設された企業のうち、合同会社は23%を占め、足元では
4社に1社のペースで推移する。主流の株式会社に比べ設立の手続きに手間や費用が
少なく、意思決定も迅速にできる長所が認知されている。スタートアップ企業などで広く活用
が進み、起業を後押ししているようだ。」とのことです。

2. 株式会社と合同会社の設立手続きの比較
現在、起業というと、「株式会社」か「合同会社」のいずれかを選ぶことが多いです。


株式会社の設立手続きとしては・・・。
@ 商号(会社の名称)、本店所在地、目的(事業内容)、発起人(設立時の出資者)、

  資本金、取締役・代表取締役・監査役、決算期などの決定
A 定款の作製
B 公証役場にて定款の認証(会社法上の効力が生じます。公証役場手数料(約52000円)納付)
C 資本金の払込み(発起人個人の口座に入金)
D 会社設立登記申請の作製
E 法務局へ会社設立登記申請(登録免許税(一般的に150000円)の納付)
F 法務局の審査
G 法務局の登記手続き完了。登記事項証明書等の発行
という流れとなります。

合同会社の場合は、Bの手続きが不要となります。ですので、公証役場手数料が
かかりません。また、Eの会社設立登記申請の際に納付する登録免許税が一般的に
60000円で済みます。 このように、手続きが一部簡素化されているとともに、コストも低減
(142000円分)できます。なお、定款を電子化し署名を行った場合、収入印紙40000円も
かかりません(行政書士や司法書士に依頼した場合)。

手間やコストを重視するのであれば、合同会社は有力な選択肢となります。

3. 法務局審査の迅速化
政府はFの審査期間の短縮をはかっています。以前は1週間ぐらいはかかっていました

が、現在は(添付書面の到着した翌日から)3営業日までに登記手続き完了となっています。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00110.html

さらに、5/13の日経新聞にて、「法人設立手続き、ネットで一括 起業を後押し」という記事
がありました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30294280Q8A510C1TCJ000/

この記事によると、1営業日程度で登記手続き完了の方向が示されているとのことです。


起業時に、契約や口座開設などで急ぐような場合には、とても助かる方向となっています。


執筆: 行政書士/司法書士 茂木正光
http://www.motoffice.jp/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[3] 8/4戦略経営研究会のご案内
   「インドでスイーツショップを始める 〜インドで起業して学んだ独特の市場や税制、文化〜」です
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて・・・。今回発表者の柳邦明さんは、2011年から、デリー近郊のグルガオンで「Iroha」という
パン、ケーキ、クッキーを製造販売するお店を始めました。 インドの市場や税制、独特の文化
や考え方に戸惑いつつも7年目を迎えることができました。現在は、日本の技術を身につけた
インド人スタッフたちが育つ場にもなっています。
紹介記事がありました→ http://www.achanavi.com/archives/641

ご発表の後、質疑応答のお時間もございます。
ご参加申込みをお待ちしております。

20180804戦略経営研究会/第123回
テーマ インドでスイーツショップを始める 〜インドで起業して学んだ独特の市場や税制、文化〜
発表者 柳邦明さん(Nagomi Consulting Pvt.Ltd. Managing Director、Iroha オーナー)
日時 2018年8月4日(土曜日) 13:45受付開始 14:00研究会開始 16:45終了
会場 竹橋「ちよだプラットフォームスクウェア」
会費 2000円

参加申込
下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「8/4戦略研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。




【編集発行】オンライン法務部

オンライン法務部とは http://www.motoffice.jp/olld.index
専門家集団のご紹介 http://www.motoffice.jp/olld.profile.html


posted by olld at 09:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: