2019年04月18日

【オンライン法務部メールマガジン】2019年4月号/第80号/[他者の商標の登録を争う方法]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
技術系・ITベンチャーの実務に役立つ法律・知的財産情報
2019年4月号 第80号 [他者の商標の登録を争う方法]
発行 オンライン法務部 http://www.motoffice.jp/olld.index
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1] ご挨拶
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

春ですね・・・。

今月号は、石下雅樹弁護士からです。

編集/茂木


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[2] 他者の商標の登録を争う方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(1)他者の商標の登録を争う方法
 商品やサービスの展開にあたって、ブランドの活用は重要な位置
づけを占めます。

 この点、自社のブランドに抵触するような、商標を、他社が出願
したり、または登録を得てしまうということがあるかもしれません。
あるいは、本来は誰でも使えるはずの普通名称的な商標が他社に
よって登録されてしまうということもあるかもしれません。

 このような場合に、商標法に照らすと本来登録を受けるべきでな
いと考えられる商標の登録を阻止したり、登録を覆したりする制度
があります。

 具体的には、以下のような方法があります。

(a)情報提供制度
 商標が出願されると、後にその出願が公開されます。この場合、
第三者が、当該出願が商標法の要件を満たしていないと考える場合、
その理由についての情報や資料を提供することができます。

(b)商標登録異議制度
 ある商標が登録された後、第三者が特許庁に対し、その登録の取
消を申し立てることができます。

(c)無効審判
 前記の「登録異議」に加えて、登録商標について無効とすべき理
由があると考える場合に、特許庁に請求できる「審判」という制度
があります。

(d)不使用取消審判制度
 他社がある商標の登録を受けているのに、現実には使用されてい
る形跡がないと思われる場合があります。このような使用の事実が
ない商標に独占権を与えるのは不合理であるため、当該商標の登録
を取り消すことを求める制度があります。

(2)各制度の違い
 各制度には種々の違いがありますが、数点に絞って見てみたいと
思います。

(ア)手続を行える当事者
 情報提供、登録異議申立、不使用取消審判は誰でも手続を行うこ
とができます。この点、例えば、登録を争いたい商標権者が、自社の
取引先であるとか、(表向きは紛争に入りたくない)競業先である
という場合があるかもしれません。それで、自社の名前を出さずに、
第三者の名前で(もちろんその第三者の承諾を得て)手続を進め
ることは実務上珍しくありません。

 他方、無効審判を請求するには、利害関係が必要と解されていま
す。それで、この手続が使用できない場合もあります。

(イ)手続を行える期間
 情報提供については、特許庁に係属している商標登録出願につい
て行うことができます。つまり、拒絶査定が確定した場合、設定登
録された場合、取り下げられた場合等には、情報提供を行うことは
できません。

 商標登録異議申立も、登録公報の発行から2ヵ月以内という期間
の制限があります。

 他方、無効審判については、原則としていつでも無効審判の請求
が可能です。ただし、多くの無効理由は、商標登録日から5年以内
に無効審判を請求する必要がありますので、これを目安とするほう
が安全です。

 また、不使用取消審判は、登録から3年経過した後ならいつでも
申し立てることができます。

 以上のように、他者の商標の登録を争う方法は種々あり、一長一
短がありますが、これらの手続を利用して、不当な商標登録を防止
したり覆したりできれば、自社のビジネスへの悪影響をできるだけ
小さいものにとどめることができるかもしれません。

 具体的なアクションにおいては専門家への相談と助力が必要です
が、どんな制度があるのかを知っておくだけでも損はないでしょう。
 

執筆: 弁護士・弁理士 石下雅樹
     http://www.ishioroshi.com/




【編集発行】オンライン法務部

オンライン法務部とは http://www.motoffice.jp/olld.index
専門家集団のご紹介 http://www.motoffice.jp/olld.profile.html



posted by olld at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: