2019年06月21日

【オンライン法務部メールマガジン】2019年6月号/第82号/[中国での専利(特許、実用新案及び意匠)事情]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
技術系・ITベンチャーの実務に役立つ法律・知的財産情報
2019年6月号 第82号 [中国での専利(特許、実用新案及び意匠)事情]
発行 オンライン法務部 http://www.motoffice.jp/olld.index
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1] ご挨拶
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

梅雨っぽいですね・・・。

今月号は、廣瀬隆行弁理士からです。

編集/茂木


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[2] 中国での専利(特許、実用新案及び意匠)事情
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1.はじめに
 世界から注目されている中国。知的財産の分野でも中国は注目されています。
「中国は知的財産権を無視している」といったお話しをよく耳にしますが、実態は
どうなのでしょう。

2.中国の出願件数
 特許庁の統計データによれば、2016年の中国への特許出願件数は約134万件であり、

米国の約61万件や、日本の約32万件を大きく超えて、世界第1位です。また、中国では、

我が国と異なり実用新案登録出願も特許出願とほぼ同程度出願されています。発明や
考案に関し、中国は、多量の出願がなされていることが分かります。
 なお、2016年の日本や米国から中国への出願がそれぞれ約4万件であるのに対し、
中国から日本への出願は約4000件となっています。日本企業は頑張って中国へ出願
しているのですが、中国企業はそれほど日本で権利化を考えていないことが分かります。


3.知財関連訴訟について
 例えば、2017年における中国での知財訴訟件数は、約20万件であり、専利(特許、
実用新案及び意匠)に限っても約1万6000件の侵害訴訟が提起されています。一方、
我が国の知財訴訟の件数は、毎年数百件程度です。
 中国では、急速に、知的財産に関する訴訟リスクが高まっていることが分かります。この
現実をみると、「中国は知的財産権を無視しているなどとは到底言えません。
 中国での侵害訴訟における損害賠償の認定額も従来は低額なものが多かったのですが、

近年は高額な損害賠償額が認定されるケースが散見されます。その中には、日本企業
に対して比較的高額な損害賠償の支払いを命じる事件もありました。中国での知的財産

リスクが高まっているといえるでしょう。また、中国での知的財産の価値も高まっていると
いえます。

4.中国の実用新案の特徴
 日本では、実用新案登録出願の件数が急激に減りました。それは、警告や訴訟提起
には、実用新案技術評価書が必須であること、警告などが空振りに終わった場合(実用

新案登録が無効になったり、対象製品などが侵害しないことが明らかになった場合)に、

実用新案権者がかえって損害賠償を負う可能性があることが、その理由です。
 一方、中国では、特許と実用新案の同日出願が認められており、実用新案権が満了
する前に特許に切り替えることで、シームレスに保護を続けることができます。日本に

おける評価書の提示義務や、損害賠償責任に関する規定はありません。また、実用新案権
も特許権と同様の保護を受けられるにもかかわらず、中国では、実用新案に要求される

進歩性は、特許に対して要求される進歩性より低いのです(例えば、実用新案に対しては
1つまたは2つの引用文献に基づいて進歩性が判断されます。特許では、複数の引用文献
に基づいて進歩性が判断されます)。このような背景から、中国では多くの実用新案が

出願及び登録されています。

5.中国に対してどのような知的財産戦略をすべきか
 上記の通り、確かに中国での出願や訴訟が増えており、損害賠償も高くなってきています。
このような背景を受け、日本企業は多数の特許出願を中国に出願するようになってきました。
 ですが、中国出願を活用できている日本企業は、それほど多くないようにも思えます。

中国への出願は、中国語への翻訳料を含め費用が掛かりますので、費用対効果や、
それぞれの出願の意図をよく考えて、出願することが望ましいといえます。

執筆: 廣瀬国際特許事務所 代表
弁理士 廣瀬隆行
URL http://www.hirosepatent.jp/




【編集発行】オンライン法務部

オンライン法務部とは http://www.motoffice.jp/olld.index
専門家集団のご紹介 http://www.motoffice.jp/olld.profile.html

posted by olld at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: